トップ

若ハゲをお風呂で改善

若ハゲ決して遺伝ではない

若ハゲは必ず予防できる

若ハゲは、自分の苦しみと他人の感じ方が大きく違うので、悩みをほとんど理解してもらえません。若ハゲで悩む人のほとんどが人の視線を気にして、消極的になり、人前に出ることをためらってしまうほどです。改善するために若ハゲの知識を付けていきましょう。

若ハゲの原因は遺伝とも言われますが、ハゲるメカニズムの中で遺伝が左右するのは、抜け毛を促進するジヒデロテストステロンの受け皿になるアンドロゲンレセプターの働きと、男性ホルモンのテストステロンをジヒデロテストステロンに変換する5αリダクターゼの活性度です。

若ハゲの遺伝要素が強い場合、まずは毎日の抜け毛に注意を払いましょう。人の髪の毛は1日に50本から100本生え変わります。1日の抜け毛がこれ以上なら注意が必要になります。

それとともに大切なのが抜けた髪の毛の毛根の状態です。毛根の太さが髪の毛より太ければ安心ですが、細くなっている場合は髪の毛のケアが大切です。若ハゲになることに不安を感じているならこちら。

若ハゲが遺伝するのではなく、体質が遺伝する可能性もあります。父方にハゲはいないが、母方にはハゲが多い。その反対に父方には多いが母方にはいない。このような時どちらが若ハゲの体質が遺伝しやすいかというと、母方にハゲが多い場合のほうが遺伝の力が強くなります。これは若ハゲの原因となるアンドロゲンレセプターの遺伝の確率が高くなるからです。

ですが、これも遺伝の力が強いというだけであり、あなたが必ずハゲる訳ではありません。遺伝でハゲる割合は20%と言われていて数字が、若ハゲが遺伝ではないことを証明しています。

若ハゲは遺伝するのではなく、若ハゲになりやすい体質が遺伝するということをまずは知ってください。そして、なりやすい体質だけであれば、生活習慣などに気をつけることで若ハゲの予防が可能なのです。